COUNTER from2015189822
 

町教育委員会からのお知らせ

令和2年3月26日
 

養老町内小中学校児童生徒保護者 様

養老町教育委員会  

教育長 並河 清次 

 

今後の新型コロナウイルス感染症対策について

 

 新型コロナウイルス感染症拡大防止に関連し、ご理解をいただき適切に対応をしていただいておりますこと、心よりお礼を申し上げます。これからも感染がこれ以上拡大していかないよう、引き続き十分な配慮をよろしくお願いします。

 国より学校再開について、市町村・各自治体での判断で再開可能となりましたので、4月7日より学校を再開します。下記の内容をご確認の上、対応をお願いします。下記に、昨日の校長代表者と話し合い確認した内容等を掲載します。

 

(1)4月7日より 学校再

※各校からの安心すぐメール・各校のHPもご覧ください。

○春休み中部活動・少年団活動等 引き続き自粛をお願いします。

○4月6日入学式準備 小6年生・中3年生の登校よろしくお願いします。

○4月7日学校の授業を再開します。

入学式保護者2名以内の入場を許可します。(1名⇒2名に変更)

席については、家族は隣り合わせで座っても構いません。他は、できる限り間隔を確保して、着席してください。

☆参加される場合全員家庭で検温を実施し、マスク着用の上、参加してください。高熱や風邪気味の場合は、不参加でお願いします。各校で入口に消毒液を準備しますので、消毒して入室するよう、ご協力お願いします。

始業式中学校においては、学年単位での始業式を許可します。ただし、体育館等の広い会場で、間隔を十分取り、換気を徹底し、マスクを着用して実施してください。

 

○未履修内容4月当初に、計画的に履修していきます。

状況によっては、夏休みを短縮して対応することも検討中です。

 

【授業再開にあたって】

□3つの条件重なる場を避ける。

換気の悪い密閉した空間  換気の徹底

手の届く距離内に集まる  間隔を取る

近距離での会話・大声の発生  活動の工夫

□検温・風邪気味チェック毎朝、学校と保護者間で確認します。保護者が、生活ノート・連絡帳等に結果を毎日記入し、学校で確認します。

記入のない児童生徒については、すぐに保健室で確認します。高熱や風邪気味であると判断した場合は、すぐに下校させることになります。学校に迎えに来ていただくことになりますので、ご理解ください。

□スクールバスの利用児童同士は、できるだけ離れて座ってください。隣同士に座らないようにしてください。

□給食向かい合わせでは食べないように指導します。

☆食堂向かい合わせにならないように、必要に応じて教室で食事を摂る学年を決める等、各校の状況に合わせ工夫します。

□咳エチケット・手洗い・換気の徹底をします。

□マスク着用して生活します。

マスクがどうしても手に入らない場合は、学校にご相談ください。

 

 

【継続して対応して頂きたいこと】

 

①情報通信機器(スマホやゲーム機等)の使用は、時間を決めて正しく使用してください。

 

②「早寝・早起き・朝ご飯」の規則正しい生活を休業中も続け、授業が開始された時にすぐに対応できるようにしてください。

 

③運動不足・ストレス解消のため、運動や散歩などを時間や回数を決めて行ってください。

 

④教科の予習・復習を、時間を決めて計画的に行ってください。

 

⑤密閉空間に多くの人が集まる場所に出かけることや、至近距離での会話など、感染の恐れがあると思われる行動は避けようにしてください。

 

⑥困られていることがあれば、すぐに学校に相談してください。

 

 

(2)4月19日まで 町自粛延長

 

○25日の町新型コロナウイルス感染症対本部会議で、3月31日まで自粛を行っている町主催のイベント・行事の自粛について、4月19日まで自粛を延長する事が決まりました。町の行事等についてはこれまでと同様の対応を延長しますので、ご理解ください。

○変更があり次第連絡しますので、ご理解とご協力をお願いします。

 

学校日誌

令和元年度 >> 記事詳細

2020/02/10

大成功!!創立50周年記念クラブ発表会

Tweet ThisSend to Facebook | by:webmaster
2月8日(土)体育館において、創立50周年記念事業の結びとしてクラブ発表会を開催しました。今年度は、4~6年のクラブ活動の時間を使って、音楽劇「養北物語ーとべないホタルー」を準備してきました。

演劇、合唱・音楽、ダンス、背景・スクリーン、道具・衣装の5つのクラブが結集し、堂々とした演技や歌、ダンスと、細かなところまで表現した制作物は、観ている人に感動を与えました。

一人一人持っているものは違います。それを個性=よさと捉えて、仲間で協力して、持ち味を生かしていく大切さを投げかけることができました。

最後は、全校児童で「風の中へ」を合唱し、感動の渦のうちに、大成功を収めることができました
はじめての試みで、不安もありましたが、最後までやりきってくれ子どもたちに拍手喝采の舞台でした。
来賓の皆様、保護者の皆様、ご参観いただきまして、ありがとうございました。
17:36 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)