COUNTER from201596451
 

あいさつ

 平成29年度、養北小学校も新鮮な気持ちで新学期を迎えることができました。

養北小学校の教育目標
 【じょうぶな子 やさしい子 かしこい子】を実現するために
 「夢をもって つねに前進!そして笑顔」   を合言葉に,
チーム養北は、何事にも全力で取り組みます。


 養北小学校の教育目標を達成するための合い言葉に込めた思いを確認します。昨年度の合い言葉に、笑顔を加えて、
 『夢にもって つねに前進! そして笑顔!!』 とします。
 養北小学校の子ども達は、爆発的な力を 持っています。夢や目標を全体で確認した 時には、素晴らしい力を発揮します。
 しかし、平生は夢や目標がはっきりして いないのではないかと感じる時があり、【夢 や目標を、まずはしっかりと持つ段階】を 明確にして、一歩上や先へとステップアッ プするだけでなく、【つねに前進、つねに一 歩】と歩みを止めない姿を目指させていきます。
  その中にあって、「養北宣言」を核とした日常生活を送りつつも、行事だけが目標になって、何気ない日々を楽しく送る姿に物足りなさを感じました。もっと笑顔あふれる日常生活を根本的な目標に定めることで、取組の内容も工夫できるのではないかと考えました。

 その子なりの、その子にあった「夢・目標」 を語らせて下さい。
「夢」=プロ野球選手の子どもには、そのために、何を頑張るのかを日常の中から見つけさせて下さい。
 夢でもなく、目標でもないかもしれませんが、右にある「森信三」のしつけ三原則を意識させる(めあてにする)ことでもいいです。 
  森 信三(哲学者・教育者)
 ■しつけの三原則
(一) 朝のあいさつをする子に。
   それには先ず大人からさそい水を出す。
(二) 「ハイ」とはっきり返事のできる子に。
  それには大人生も、誰かに呼ばれたら必ず 「ハイ」とはっきり返事をすること。
(三)席を立ったら必ずイスを入れ、ハキモノを脱いだら必ずそろえる子に。

  何気なく、でもいつも意識していないと身に付かない目標(めあて)を持っていることで、大きな夢や目標を達成する時の精神力(心)を育てるのだということにも意識していきたいです。
                                                     養北小学校長 田島 英明
                           

 様々な連絡をいただく際、電話が混み合ってつながりにくい場合は、学校の携帯電話もご利用下さい。
(学校休業日を除く)
 090-7020-0651